About the Site

This weblog is edited and run by members of reallyenglish, a company offering a total English learning solution based in London, Beijing, Shanghai and Tokyo. Visit our corporate site to know more about what we do.

Notes are posted by members from various cultural and geographical backgrounds, and the topics range from education, business and international communication to software development, the internet culture, and more.

Staff

Masatomo Nakano http://twitter.com/masatomon /m/mt-static/support/assets_c/userpics/userpic-2-100x100.png simonl davida jeremyw Go Kameda gavin b No name tomoyukis

 

Learning .mxml (as a .fla guy)

| No Comments

他のActionScriptを(も)書いているtechチームメンバーと違い、.flaファイルを使ったFlash IDEを用いてのコンテンツ制作しかろくにできなかった自分ですが、ここ数日、非常に小さいながらもFlex Framework/.mxmlを使った仕事(.mxmlで書かれたテスティングツールのUIデザイン)をやらせてもらっていて、今更なんとか勉強しているところです。

Flex Builderは稀にASエディタ/デバッガとしてしか使うくらいでしたし(今は主にFDTFlashDevelopをつかってます)、reallyenglishに参加させてもらう前はどちらかというと表現重視のものをつくってきた経緯から、傲慢にも自分がFlexを覚えるメリットは大してないだろうと考えていました(実際.mxml主体の制作方法ではものすごく難しい制作ケースがほとんどだったと思います)。しかし今回Flex Frameworkを実際に少し勉強してみて、逆にこの充実したFrameworkの恩恵をうまく使えばいろいろなことが本当に楽にできそうだ(逆にいうと恩恵をうけないと大変すぎて無理そう)といったケースが多くあるだろうということも実感しました。

このAdobeのチュートリアルなどをみるとおおこれは簡単そう、と感動しましたし、何よりも.mxmlを使えばソースがテキストだけで完結できるケースが増えるので見通しがよくなるのが魅力だと思います。これからは二つの制作方法の使いどころを把握してうまいこと組み合わせて使っていけるようになれたらなと考えています。

(。。という流れからもXFLには超期待しているんですが最近どうなっているのでしょうか? あと最初はなんじゃこりゃと思っていたFlash Catalystも今はぜひ使ってみたいと思っています。)

さて本題です。Flex FrameworkのHTMLライクなレイアウトの仕組みもぱっと見思ったより簡単そうでよかったのですが、Flex用のCSSもちゃんと充実してるんですね。検索したら非常にありがたい参考サイトがあったので、紹介させてもらいます。

追記:
Flex BuilderがFlash Builderと再ブランディングされることになり、ますます用語の使い方に迷いますが、下記の記事はFlexって結局なんだったっけ、と再勉強するにあたって非常に助けになりました。

Leave a comment